RSS | ATOM | SEARCH
パン講習会〜あんぱん

先日、日清製粉さんへパン作りの講習を受けに行ってきました!

あんぱん
食パン
フランスパン

を実際に作りながら、パン作りの流れ、基礎を教わりました。

製パンの流れは、基本的に力を入れては休ませての繰り返し!
ミキシング→一次発酵→分割・丸め→ベンチタイム→成形→ホイロ→焼成
のストレート法で行いました。
いかにグルテンをからめるか。
グルテンの糸が太いとほどけやすくて形を保てない。
細く絡みすぎると生地が伸びずに切れて表面に穴があき、過発酵に。

説明を理解することはできますが、
実際生地を作ってみるとそう簡単にはいかないものですよね(汗)
科学の域…
今回全て生地は講師の方に作っていただきました。それを横で観察。メモメモ。


まずは、あんぱん



小麦粉はカメリヤを使用。
オールマイティーで使いやすい粉です。

私達は丸め、餡詰めして成形、つやだしの卵塗りとごまをつける作業を行いました。

が!しかし、
あんぱんの写真は焼き上がりしか撮っていませんでした。。。
ひとつ形が違うのもありますが、それもご愛嬌(笑)
卵を塗っているのでつやつやしていますね。

丸めの作業は日頃の仕込みでもしているので腕の見せ所!
講師の方からもお褒めの言葉をいただきました。やったー!

穀物屋のあんぱんと生地量が違うし…と言い訳しつつも(笑)、
成形もなんとかできました。
同じ作業でもできあがりに個性が出ますね。

穀物屋のパンには卵は使っていませんが、
こちらには生地に卵が入っています。
卵を入れると、味や栄養価だけでなく、パンの老化を遅らせたり、カマ伸びをよくする効果が。

卵黄には天然の乳化剤レシチンが入っている為だそうです。

実際、合成の乳化剤を見せていただき、少しだけ味見…
うーん、好んで食べるものではなさそうですね。
一応、添加物ですし。


穀物屋のあんぱんとはまた違った
ふわふわあんぱんになりました。

たーくさんできたので、スタッフへおみやげに。



続く





M嬢



 
author:穀物屋 森光商店, category:その他, 17:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kokumotsuya.com/trackback/1409